HOME>イチオシ情報>公立と私立の費用の差や人気の理由について

公立と私立の費用の差について

先生と生徒

東京の通信制高校の費用は、公立か私立によってその金額は異なります。公立の通信制高校の費用は大きく分けて、入学金と授業料、その他の費用の3つに分けることができます。入学金は東京の公立の場合、一律500円です。授業料は単位ごとの料金となり、1単位300円からなので、年間1~3万円程度かかります。それ以外にかかる費用は年間3万円程度です。私立の通信制高校も公立と同様に、入学金と授業料、その他の費用に分けることができます。私立の入学金は2万円~5万円程度です。授業料は1単位あたり5000円からなので、年間18万円以上かかります。それ以外にかかる費用は年間3万円程度です。このように公立と私立では費用に差があります。

自由な時間が多い

授業

東京の通信制高校が人気の理由は、自分のペースで勉強ができる点です。全日制の高校だと毎日通わなければならないので、なかなか自分の時間を取ることが難しいのではないでしょうか。その点、東京の通信制高校は月に2回から10回のスクーリングとレポートの提出、試験を受けることによって高校の卒業資格を得られることができます。したがってそれ以外の時間は自分で自由に使うことができ、アルバイトや趣味に使うことが可能です。

費用が安く働きながらでも卒業できる

女性たち

家庭などの都合によって、全日制の高校に通うのが難しい方も中にはいるのではないでしょうか。そのような方達にも東京の通信制高校は人気があります。なぜなら東京の通信制高校は費用が安く、働きながらでも卒業することができるからです。特に公立の通信制高校であれば、世帯収入によっては3年間で10万円ほどで卒業することができます。私立の通信制高校はそれよりちょっと高いですが、働きながら勉強することができるので全日制の高校よりは通いやすくなっています。

広告募集中